月別: 2017年2月

Recent Posts

白い体毛でも問題は無い電気針の医療脱毛

医療脱毛を検討中の方々は、体毛の色に関して心配している場合があります。
なぜなら、必ずしも体毛が黒いと限らないからです。
確かに多くの方々は、体毛は黒い色になっているでしょう。
それでレーザーの光は、基本的には黒い色に反応するようになっています。
メラニン色素などに光が集中して、ダメージを与える仕組みになる訳です。
白い体毛でも問題は無い電気針の医療脱毛
ところが人によっては、体毛が白い色になっている事もあります。
そういうカラーですと、さすがにレーザーの光でも反応するのが難しくなります。
ですから医療脱毛を行うクリニックによっては、体毛が白い状況では、ちょっと断られてしまう事もあるのです。
しかし脱毛を希望している本人としては、それでは少々悲しいでしょう。

ところで脱毛クリニックによっては、電気針という方式を採用している場合があります。
もしも白い色ならば、そういうクリニックに相談してみるのも一法です。
なぜなら、それは色とは無関係で施術を受けられるメリットがあるからです。

そもそも電気針の場合は、色に反応するやり方ではありません。
あくまでも電気が通っている針を、体毛の根元部分に対して、差し込むやり方になる訳です。
そういう方式の場合は、もちろん色は関係なくダメージを与えることが可能でしょう。
確かに電気針は、多少の痛みは伴う事になります。
しかし確実に脱毛を行える訳ですから、やはり色が白い方々にとっては、検討する余地はあるでしょう。

わたしの脱毛人生

わたしの脱毛人生
わたしは、現在3件の脱毛サロンでの脱毛経験があります。
わたしは本当に毛深く長年悩んできました。
毛深いといっても、その辺の女子がわたし毛深いんだよねぇといってるレベルではなく、深刻でした。
多毛症かなと思ったこともありました。

とにかく、足は男性の濃い人並にびっしり生えていました。足首まで髪の毛くらいの濃い太い毛が密度たっぷり生えていて、太ももの裏もそのような毛が生えていました。
足だけでなく、脇、お腹、腰、首、顔ととにかく全身毛深く悩んでいました。
そのため、医療脱毛かサロンか悩みましたが医療脱毛は痛みが強く、とても高いと聞き痛みにかなり弱いので躊躇してしまい、サロンでの脱毛をすることに決めました。

サロンではまず、無料カウンセリングを受けます。
そこで、毛の状態などをチェックしてもらい、色々毛の生える周期やそこのサロンのお話などを聞き納得したら契約をします。

わたしは5件以上の無料カウンセリングにいきましたが、それぞれ色んなメリット、デメリットのサロンがあるので自分に1番あった、サロンを選ぶためにも何軒か見た方がいいと思います。
施術の痛みについてもサロンによって全然違いました。わたしのオススメは毛が濃い方はSSC脱毛がオススメです。

光脱毛だと、わたしみたいは濃い毛だと痛みを強く感じてしまい大変でしたが、SSC脱毛だとほとんど痛みを感じなくなりました。
そして、効果についてもあんなに毛深かったわたしの毛が今ではほとんどカミソリを使わなくてもよくなりました。
そこまで行くのに、10回くらいの施術が必要ですが毛が濃い方は絶対にサロンでの脱毛を強くお勧めします。

ちなみに立川の脱毛サロン情報は↓のサイトのランキングが信用できます。
立川の脱毛サロンランキングサイトはこちら
ぜひ参考にして見てください。

毛を剃る時に起こる埋没毛の原因は?

自己処理で脱毛する時にいろいろな肌トラブルが起きる可能性はあります。
その中でも埋没毛も良く起きる症状です。
ここでは剃刀を使い無駄毛処理した時に起こる埋没毛の原因について見ていきましょう。
毛を剃る時に起こる埋没毛の原因は?
・埋没毛になる原因
埋没毛と言うのは本来なら皮膚の外に伸びていくはずの毛が外に出る事が出来ずに、皮膚の中で伸びてしまう事を言います。
埋没してしまうと、皮膚の中であらぬ方向に延びているのが見えます。
あるいは皮膚の下でくるくると渦を巻いて黒くブツブツして見えます。
見た目には決していいものではありません。埋没毛は毛を剃った時にも起こる事です。
ではなぜ毛を剃れば埋没になる可能性があるのでしょうか。
無駄毛処理をする時には、できるだけその効果を上げようとして深く剃る人もいます。でも、これでは埋没毛になります。
深剃りした毛は肌の表面よりもさらに深い所でカットされてしまう事になります。

これでは毛の断面が毛穴の外側になくて、毛穴の内側にできます。剃刀で毛を剃るとカットされた毛の断面は鋭利な状態になります。
角ができますからこの角が毛穴の中に引っかかってしまう事になるのです。
すると引っかかってしまった毛は毛穴の側面を突き破るようにして、本来なら上に生えていく毛があらぬ方向に延びて成長していくのです。

自己処理をすると肌トラブルを起こす可能性が高いので、気を付けないといけません。埋没毛にならないように、剃刀を使う時にはあまり深く剃るようにはしない事です。
その事に注意して脱毛しましょう。

美容を損なってしまうジャンクフードなどは要注意

美容は、食生活とは密接な関連性があります。
普段の食事が不摂生であるかどうか等は、自分なりにチェックする方が良いでしょう。
とりわけお菓子類などは、チェックポイントの1つになります。
そもそもお菓子の中には、残念ながら悪い物が含まれている事もあるのです。
とりわけ注意を要するのは、ジャンクフードと呼ばれる食品です。
主にアメリカで使われている表現ですが、いわゆるスナック菓子などはそれに該当します。

残念ながらそういったお菓子は、栄養バランスにはあまり優れていない一面があるのです。
それを少量だけ食べる分には、特に大きな問題は発生しない傾向があります。
ですが残念ながら、人によってはそれを食べ過ぎている訳です。

それで食べ過ぎは、やはり良い影響はありません。
毎日のようにジャンクフードを食べてしまうと、美容が損なわれてしまうケースも多々あるのです。
ですから美容に関心があるなら、少なくともジャンクフードはできるだけ控える方が望ましいでしょう。
美容を損なってしまうジャンクフードなどは要注意
ジャンクフードだけではありません。ファーストフードなども、実は注意を要する食材の1つです。
とても手軽に食べる事ができるのは良いですが、やはりそれも頻度を多く食べてしまえば、美容を損ねてしまう確率が大変高いです。
要するに身の回りには、ちょっと美容に対してネガティブな効果を発揮してしまう食材もある訳です。
そういう食材を意識するだけでも、だいぶ見た目が良くなる傾向があります。

ムダ毛がないまっさらな体が愛しい!

ムダ毛があるのとないのでは全然違います。
朝からのテンションも違うと思うのです。
脱毛をした今私は今までのムダ毛があった時代の自分を懐かしく思います。
ムダ毛がなくなってなんて身が軽いんだろうと思うのです。
こんなに身も心も軽くなるとは思いませんでした。

ムダ毛がないまっさらな体というのはどこを触ってもサラサラで、肌触りが非常にいいです。
そしてこのまっさらな体が愛しいのです。
こんなに理想の体になれるなんて、脱毛施設はさすがです。
ここでの脱毛が功を表し、こんなにすばらしいツルツルの肌になれましたからね。
ムダ毛がないと何をするのも気楽です。
外で友達と会うのも彼氏とデートに行くにも脇が見える服を着るのも自由です。
ムダ毛がないと余計なことを考えなくていいので、楽ちんだなと思います。

今のムダ毛がない体になるまでには数年の年月を使いました。
通うのは大変だったけど、それでもムダ毛が無くなったと思うと、脱毛しに行ったことは間違っていなかったなと思うのです。
今はこのムダ毛がない体を楽しみ、いろんなことをしたいです。
ムダ毛が多いとできなかったことをたくさんして、脱毛して良かったなと思いたいと思います。

ムダ毛がないとここまで自由に動けるのですね。
これなら急に外に遊びに誘われても平気です。
ムダ毛の処理で体を傷つけることもありません。
脱毛って本当に素晴らしいなと思います。
今の私があるのも脱毛のおかげなのです。
ムダ毛がないまっさらな体が愛しい!